学生の頃と異なる転職活動の内容

学生の頃と異なる転職活動の内容

 転職をするというのは簡単なようで実際にしてみると学生の時のようにいかずに焦ってしまう人もいます。

 

学生の就職活動で求められるもの

 

 そもそも学生の頃と何が違うのでしょうか。学生の頃に求められる技能というのは実際には少ないです。想像すれば分かりますが、学生という立場だったわけですから、その学生を実務経験や技能を持っているということは考えにくいです。そうなると重要になるのは「可能性」ということになります。

 

 その学生が持っている可能性に着目して面接官が主観を持って判断するわけですから、曖昧な基準によって選ばれてしまうことがあります。これは仕方がない事ですが、それでも、学生という身分というのは「主観」中心の就職活動が出来ていたということになります。

 

転職活動に求められるもの

 

 翻って転職活動ということになりますが、学生とは根本的に違う部分があります。それが「経験」です。どのような業種だとしてもどの人も実務経験があります。

 

 それがあるということは同然にして面接官もその経験を中心にその人を判断します。可能性という観点は学生の頃と同じように見られますが、曖昧さに関しては実務経験をもとに見られるわけですから曖昧な主観よりももっと厳格な「可能性」として見られるわけです。

 

 実務経験に関して言えばどの人も持っています。つまり、その中から選ばれるということはどの人も持っているものではいけないということになります。その自分がしてきた経験の中から他の人よりも優れている経験を用いて転職活動をする必要があります。

 

【関連ページ】
45歳の転職サイト比較&検証
45歳の転職を支援するための情報サイト!

 

 自分が経験してきたことで他人よりも優れていると思える経験はありますか。他人よりも優れていると思える技能はありますか。つまり、学生よりも自己分析が重要視されるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職情報 転職情報