転職に一番必要なのは熱意です

転職に一番必要なのは熱意です

 20代で2回、30代で1回そして45歳の時に1回転職しました。転職をする理由は人それぞれです。私は、残業代が全く支払われないのに、毎日5時間残業していることに疲れてしまい退職しました。1番最初の転職は退職してから行いました。日本は制度の整っている国です。ある一定の条件がそろっていれば、失業保険を受給することができます。失業保険を受給しながら新しい仕事を探すことができるのは、とてもありがたい話ですよね。活用できるものは活用したらよいと私は思っています。しかし、きちんとルールを知っておくことと、ルールを守ることも必要なので、手続きはきちんと行いましょう。

 

(おすすめサイト紹介)
http://xn--45-3b1eq28ejpq.biz/
45歳の転職でも諦めるな!

 

 数回転職をして、思ったことですが、転職に一番必要なのは、この会社で働きたい。この仕事がしたい。という強い熱意ですね。企業の人事担当者は基本的に面接をする際は、その人のことをよくみています。人間は1度会うとある程度、知ることができるものですよ。「この人と一緒に働きたい」と思うかどうかが、ある程度採用に左右します。同じくらいのスキルの人が数人いれば、その中でも一番会社に貢献してくれそうな熱意を持った人間を採用したくなるのは当然ですよね。ぎらぎらしすぎるのはどうかと思いますが、頑張りたいんだ!という熱意を前面に押し出すことは、大切だと思いますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就職情報 転職情報